3年生保護者対象進路説明会を行いました

 7月26日(火)、北名古屋市文化勤労会館において3年生の保護者を対象とした進路説明会を行いました。時折激しく雨が降るあいにくの天気でしたが、会場には300名を超える方が足を運んでくださいました。
 主催者を代表してPTA会長あいさつ、校長あいさつに続き、進路指導主事から1時間30分にわたり、平成28年度入試を振り返って、国公立大学の一般入試について、私立大学・短期大学の一般入試について、推薦入試について、受験と進学にかかる費用、親としての受験の心構え、今後の進路関係日程などの説明がありました。進路希望の実現に向けて家庭と学校とが一緒になって考えるよい機会となりました。

本校の「花」を紹介します

 校長室前廊下のスペースには、茶華道部の作品が飾ってあります。活動の成果を見ることができるとともに、活動日には花が入れ替わることから潤いの空間となっています。また、正門から生徒の利用する昇降口の間、中庭や野球のネット付近にもきれいな花、可愛らしい花が咲いています。手入れをしている生徒、先生や職員のおかげです。


第一学期終業式、東海大会壮行会を行いました

 7月19日(火)、第一学期終業式を行いました。この3か月半を振り返り、翌日から始まる6週間の夏休みを、各自がテーマや目標をもって過ごし、自分で自分を高め成長してほしいこと、人間の本質は努力することにある旨の式辞としました。
 終業式の後には、部活動の表彰披露に続き、総体東海大会出場の壮行会を行いました。4月から始まった総体の支部大会、県大会の結果、本校からは3名が東海大会出場となりました。
 弓道部男子・個人、陸上部男子・5000mW、水泳部男子・100m平泳ぎ

NPO法人イエローエンジェル様より楽器をいただきました

 7月9日(土)、名古屋市中区栄の宗次ホールで行われた、「第8回青少年に楽器を贈る運動」の贈呈式に出席しました。イエローエンジェル様の御厚意により、本校吹奏楽部は貴重な楽器をいただくこととなりました。
 吹奏楽部の活動がより活発に、より充実したものとなります。あらためまして感謝を申しあげます。ありがとうございました。

球技大会を行いました

 7月5日(火)、第37回夏期球技大会を行いました。朝から気温が上昇し、熱中症が心配されましたが、暑さを吹き飛ばす西春高生の若さがあふれ、グラウンドや体育館、球技コートでは終日熱戦が繰り広げられました。
 リオ五輪が1月後に迫り、サッカーやテニスでは国際大会が開催されていることもあり、球技大会を大いに楽しもうという雰囲気が感じられました。今大会は、バレーボール、ドッジボール、バスケットボール、フットサル、ソフトボール競技での実施でした。結果等についてはHP「最新情報」を御覧ください。


薬物乱用防止・防犯教室を実施しました

 U期考査最終日、6月30日(木)の第3限、西枇杷島警察署生活安全課の方から「薬物乱用防止と防犯」をテーマに講話等をしていただきました。
 薬物の危険性についての話に続き、SNSの利用については、自分の不要な情報は削除すること、他人の中傷をしないこと、許可なく他人の写真をとって掲載しないことなどの注意がありました。また、犯罪にあわないポイントを示され、すぐにできる護身術を実演しながら教えていただきました。生徒の防犯に対する意識が高まったことと思います。

ごみゼロ運動に参加しました

 5月29日(日)午前9時から約1時間、北名古屋市のごみゼロ運動「市内一斉清掃」に本校生徒40名が参加しました。学校周辺の二つの地区に分かれて、ごみ拾いをしました。今後も美しい環境を守り、清潔で住みよいまちにするために積極的に取り組んでまいります。


総体尾張支部予選表彰披露と県大会壮行会を行いました

 5月19日(木)T期考査の終了後、生徒会役員の進行による表彰披露、県大会出場部活動紹介に続き、生徒会長の激励、選手代表(ハンドボール部男子キャプテン)のあいさつがあり、力強くも爽やかな壮行会となりました。西春高生の力が存分に発揮できることを期待しています。なお、県大会に出場する部は次のとおりです。
 陸上部男女、弓道部男女、柔道部男女、ハンドボール部男子、バレーボール部女子、
 新体操部、ソフトテニス部男子

熊本地震災害の支援募金を行いました

 4月14日(木)に発生した熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震以降、熊本県や大分県を中心に相次いで地震が発生し、大きな被害が出ました。この災害で被災された方々に少しでも支援ができるよう、生徒会執行部が中心となって5月2日(月)・6日(金)の朝、募金活動を行いました。両日とも多くの生徒の協力を得ることができました。集まったお金は、日本赤十字社の熊本地震災害義援金として寄付をしました。

進路講話を行いました

 4月28日(木)第5限、総合的な学習の時間を利用して三年生を対象に行いました。中京大学から入試センター課長鳴川義雄様を講師にお招きし、「キャリアデザインから進路を考える」と題して話をしていただきました。
 キャリアとは何か、キャリアデザインとは何か、大学選びのポイント、就職活動で必要な力とは、社会人として必要な力(社会人基礎力)とは、など多岐にわたる内容を興味深い話にグループワークを交えながら進めていただきました。三年生には改めて進路を考えるよい機会となりました。

交通安全教室を行いました

 4月26日(火)第6限、「基本的な交通ルールを身につけるとともに、西春高生の通学マナーについて考える」を目的に、本校の生徒指導部若手教員が講師となり、交通安全教室を行いました。
 生徒の下校状況を撮影したビデオを見ながら、「周りの安全を常に考えて」、「見えないところに危険が隠れている」など講師のコメントが続きます。その後、ヘッドホンで音楽を聞きながら自転車に乗ることや、歩きながらスマートフォンを扱うことの危険性が取り上げられ、「大事にしましょう 自分のことを 周りのことを」、「交通ルールを守って楽しい西春ライフを」という締めの言葉となりました。
 毎日の通学路も自分次第で自分や周りの危険度が高くにも低くにもなることがよくわかりました。

修学旅行に向けて平和学習を行いました

 西春高校第二学年は5月末に中四国地方を目的地とした修学旅行を実施します。広島を始めとする訪問地で平和についての研修を行い、歴史や戦争と平和に関する興味・関心を深め、自らの在り方・生き方を考える機会とすることを目的の一つとしています。
 修学旅行まであと1月ほどとなった21日、第5限「総合的な学習の時間」において被爆体験を聞く機会を設定しました。名古屋市在住の語り部の方をお招きしての講演会です。生後9か月で姉に背負われた状態で、広島の己斐(こい)駅にて被爆された体験を、「戦争を知らない被爆者の証言」としてお話しをいただきました。平和を願う思いを生徒に優しく語りかけるように話されたこと、「原爆を許すまじ」を力強く歌われたことが大変印象深く残りました。生徒にとって大変よい学びの機会になりました。

平成28年度の始まりにあたって

校長 安 藤 昌 弘
 西春高等学校は、昭和53年に開校し今年で39年目となります。これまで教師と生徒の協力のもと、「好学の気風あふれる学校」、「保護者・地域社会の期待に応えられる学校」、「魂のふる里たる誇りの持てる学校」を教育方針に掲げ、学習面はもとより、部活動の面でも成果をあげ、次代を担う多くの優秀な人材を社会に送り出しています。
 本校の校訓は、「真摯、創造、奉仕」です。未来からの要請に応えられる高い知性と豊かな情操をそなえ、心身ともにたくましい人間を育成することを目的としています。何事にも真摯に取り組み、真理を探究し文化を創造し、すすんで奉仕する人間を育成することは、社会からの要請にも応えることとなります。
 平成28年度が始まりました。西春高生が高い目標を掲げ、その達成に向け真剣に努力を続けること、地道に粘り強く取り組むことを期待し、「校長室より」を発信します。

総体予選が始まりました

 4月も中旬を迎えると総体予選が始まります。3年生にとっては、これまでの努力の集大成となる大会です。自分の持てる力が十分に発揮できることを願います。
 17日には本校を会場としてサッカーの1回戦が行われました。朝方の強い雨で開催が心配されましたが、予定から1時間ほど遅れて開始となりました。本校は選手の力が出て初戦を勝利することができました。23日からは各競技の予選が本格的に始まりました。

平成28年度1学期   平成28年度2学期   平成28年度3学期  
平成29年度1学期    平成29年度2学期    平成29年度3学期
平成30年度1学期    平成30年度2学期   
CopyRight Nishiharu High School Since 2009

Menu