ビブリオバトル愛知県大会

    10月7日、全国高等学校ビブリオバトル愛知県大会が椙山女学園大学を会場に行われました。
    ビブリオバトルとは、参加者(バトラー)が読んで面白いと思った本をひとり5分の持ち時間で順に聴衆に紹介する。 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか」を基準とした投票を全員で行い、 最多票を集めた本を「チャンプ本」とするゲームで、「書評合戦」と呼ばれることもあります。 本校からは1年生の松本紗波さんが出場しました。
    当日は各学校から14名のバトラーが集まり、始めに4グループ2組に分かれて予選が行われました。 初めてのことで緊張もあったかと思いますが、松本さんは持参した本の魅力を充分に伝えることができ、見事に予選を通過しました。
    決勝は各グループの代表4名で場所をホールに移して行われました。 さすがに県大会の決勝はレベルが高く、各バトラーは自分の持ち味を活かしながら発表していきます。 発表後の質疑応答も活発に行われました。
    本校の松本さんはよく健闘しましたが、残念ながら「チャンプ本」は他校の生徒に。 でもまだ1年生ですから、来年度また頑張ってもらえればと思います。
    ビブリオバトルは読書活動推進の新しい取組として、教育現場での活用が急速に広まっています。 図書情報部として、生徒の皆さんに読んでほしい本を積極的に紹介するとともに 生徒が自分で選んだ本について、自分の言葉で想いを伝えて表現するビブリオバトルを 今後も積極的に開催していきたいと思います。
予選(教室) 決勝はホールで 頑張りました!
CopyRight Nishiharu High School Since 2009

Menu