地震火災避難訓練

    そろそろ梅雨入りも間近か、と思われる5月28日月曜日、平成30年度の地震火災 避難訓練が行われました。
    今年度は新たに生徒の中に防災委員会が設けられ、防災委員長が訓練開始の放送をしたり、 防災委員が各クラスで避難の誘導をしたり、様々に活躍しました。
    避難訓練は、昨年同様生徒たち自身で避難するという形式で行われましたが、 大地震発生に伴い机の下に潜って安全確保、続いて火災発生によりグラウンドに避難、と、 放送の指示に従って全校生徒は整然と行動し、放送後5分50秒で整列点呼を完了しました。
    校長講話では、「大事を小事に、小事を無事にするよう、各自が自分の判断で行動できるように してほしい」「気がついた人が気がついたことをする。一人ひとりが主体的に」などといった ことが語られました。
地震発生時安全確保 グラウンドに集合 校長講話
CopyRight Nishiharu High School Since 2009

Menu